京都精神保健福祉士協会

精神保健福祉士は、精神科ソーシャルワークの専門職として精神保健福祉士法によって定められた国家資格です。

keyimage
京都精神保健福祉士協会事務局

〒602 - 0895
京都府京都市上京区上御霊前町410
医療法人つばき医院内
TEL : 075 - 411 - 1011
FAX : 075 - 411 - 1020
メールアドレス

協会の案内

京都精神保健福祉士協会は京都における精神保健福祉士・精神保健福祉援助職の職能団体として、京都精神医学ソーシャルワーカー連絡協議会を発展させるかたちで2001年4月に設立されました。 当協会は会員の専門職としてのアイデンティティの確立と資質の向上を図り、関連職種、市民、当事者等と協力し、精神保健福祉の発展に努め、精神障害者の社会的復権と福祉のための専門的・社会的活動を進めることを目的としています。また、人間の尊厳および権利擁護、社会的正義と自由を重んじ、専門的知識・技術・価値・倫理に基づき行動することを理念に掲げています。

1970年代後半より
京都府内の精神科医療機関や保健所で働く、精神科ソーシャルワーカーが、年1~2回、交流、情報交換をしていた。

1985年10月
京都精神医学ソーシャルワーカー連絡協議会設立(会員数20名)。
年5~6回の勉強会を開催。

1993年7月
第29回日本精神医学ソーシャルワーカー協会全国大会を京都で開催。
大会運営委員会を連絡協議会会員で組織。

1997年12月
精神保健福祉士法制定

2001年4月
当協会設立(会員数68名)。連絡協議会を発展解消。

2005年6月
倫理綱領として社団法人日本精神保健福祉士協会倫理綱領を採択
日本精神福祉士協会京都支部の設立に伴い、協力関係を保つことを確認

会長挨拶

会長のご挨拶
京都精神保健福祉士協会は、精神保健福祉分野のソーシャルワーカーおよび精神保健福祉士の職能団体として2001年4月に発足しました。 わたしたちが、それぞれの場で、心の病や障害のある人々の権利を守り、社会的復権と福祉のための専門的・社会的活動をすすめる専門職としての職務をまっとうするためには、絶え間ない研鑽が必要となります。社会には依然として心の病や障害に対する偏見や差別があり、支援体制が整わないがために精神科病院に社会的入院を続けている方も多くおられます。近年では、精神科領域のみでなく、学校や企業、司法の場など、精神保健福祉士の活動領域はさらに広まり、わたしたちはますますその力量を問われています。京都精神保健福祉士協会は、ともに学び、問いかけ、あるいは支えあい、会員ひとりひとりの専門職としての資質の向上を図り、また職能団体として精神保健福祉の課題にとりくみ、発信していくことをめざして、これからも誠実に活動を続けていきたいと思います。より多くの京都で活動する精神保健福祉士の方とともに、また障害のある当事者や家族、関係職種、市民の方とともに、力を合わせていけることを願っています。

2009年7月1日
京都精神保健福祉士協会
会長 西村 睦美